D-starハムクラブ JL3ZII のページ

BlueDV for Windows/BluDV-Androidについて

Top_Page Reflector BlueDV Node_Stn Doozy Dmonitor Peanut Img_qso

BlueDV for WindowsとBlueDV-Android運用のイメージ
bluedv3
BlueDV for Windowについて
bluedv2写真
BlueDV for WindowsはD-Star系、Wires-X系等のDplus, Dextra, DCS, XLX, DMRなどのプロトコルを扱うリフレクターを利用するためのソフトです。このソフトでWindowsパソコンに装着したドングルのThumbDVかDVMEGA DVstick 30を駆動します。ソフトに用意された世界中のリフレクターのリストから希望するリフレクターを選択して国内はもとより世界各地のアマチュア局とQSOをします。勿論わがリフレクターXLXZIIもリストにあります。
ソフトはhttp://software.pa7lim.nl/BlueDV/BETA/Windows/からダウンロード出来ると思います。
ThumbDVとDVMEGA DVstick 30
ThumbDV 左の写真の上がThumbDV、下がDVMEGA DVstick 30です。どちらかをWindowsパソコンのUSB端子に装着します。これが無線で言うトランシーバーに相当すると考えられます。わたしたちはThumbDVをNW Digital Radio社( https://nwdigitalradio.com/collections/all )から直接購入して使用しています。

BlueDV-Androidについて
android2写真
BlueDV for Windowsが固定機に該当するパソコン用に対してBlueDV-Androidはハンディ機に該当するスマホ用のソフトです。BlueDV for WindowsはISP(インターネットサービスプロバイダー)を通してインターネットで各種リフレクターに接続しますが、BlueDV-Androidは、ISPを通してインターネットで各種リフレクターにつながっているRasoperryPIとThumbDVで構成した私設の専用サーバにAndroidスマホを接続します。私設の専用サーバとAndroidスマホの接続は屋内ではWiFi、屋外ではスマホのモバイルネットワーク機能を使います(下図)。ですから屋内屋外を問わずどこからでもスマホにインストールしたBlueDV-Androidソフトに用意された世界中のリフレクターのリストから希望するリフレクターを選択して国内はもとより世界各地のアマチュア局とQSOが出来ます。ソフトはGoogle PlayでBluDVを検索すればインストールできると思います。


eメール